万全な状態にしてくれる現状回復|ササッと効率重視で作業開始

地球環境にも貢献する

女性スタッフ

オフィスビルや商業施設・工場等では電気を大量に消費します。特に夏場にはエアコンや大型の空調機・照明等が気温の上昇と共に電気を消費してしまいます。この消費電力が一年で最大になるとその翌年の電気代はその最大電力量を基に計算されて、電気代が高くなってしまいます。そこで、この最大電力となる前に知らせたり、自動的に機械を弱めて電気使用量を少なくすることで電気の使用量を抑制するデマンドコントロールを導入する所が増えています。このデマンドコントロールを行うことで電気使用量を抑えることで電気代は前年比で数パーセント以上も削減され、コスト削減に繋がります。最大電力を抑えるにはエアコン等の温度設定を通常より高くしたり、事前に冷やしておく事でデマンドを抑える事も可能です。

夏場の一番熱い時期の一定の使用量を自動的に知らせる装置や、自動で様々な機器をコントロールしてくれるデマンドコントロール装置は多くのビルで使用されています。デマンドの計算は30分毎に計測される使用量が一カ月の間で一番高い日時を、昨年のデータを基にその日の気温等を考慮して予め予想し抑えることになります。そこで、一定の目標値を決めて装置の設定を行い、空調機器やポンプ運転を全てが一度に作動しないよう順番に遅れて運転をするようなデマンドコントロール装置は特に導入が勧められてきています。実際にこの装置を導入することで、装置の設置費用を翌年の電気代削減で賄うことが直ぐに出来るようになります。次年度以降もそのまま削減されますので、デマンドコントロール導入をする企業が増えています。